世田谷線イベント

2013年12月のボロ市

2013年12月15日・16日のボロ市は15日が日曜日ということで大変な混雑でした。

せめて土曜・日曜ならいいのですが、日曜・月曜となると、もう当然日曜に人が集中して、今年は代官餅は断念せざるを得ませんでした。。

20131


毎年出店しているのかもしれませんが、今年ちょっと面白いと思ったのは、「戦前の教科書屋」です。

20132


なるほどなという商売でした。
ちょっと見てみたいよね、戦前の教科書。


20133

今年改めて思ったのですが、ボロ市通りの混雑もさることながら、世田谷中央病院前の駒沢公園通りもなかなかの混みようです。
なんとなくこのエリアのほうが若者向けのアイテムが多いような感じもします。


世田谷線沿線に住みたい!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

ホースショー2013@馬事公苑

馬事公苑では9月の「愛馬の日」に並んで、GWの「ホースショー」が2大人気イベントです。

というわけで、2013年5月3日、ホースショーを見に行きました。

ホースショーの名のとおり、馬の曲芸みたいな出し物もあるのですが、メインは障害競技です。

Photo

こんな感じで芝生のアリーナを囲んで、木陰でゆっくりと競技を見ることができます。
天気がよかったので気持ちいいです。

Photo_2

馬術の競技大会なんてなかなか見ることができないので貴重です。
思った以上に馬は大きくて、パワフルです。

アリーナでゆっくりと競技を見るのも一興ですが、なにげに面白いのが売店。

飲食店の屋台もたくさん出ていますが、「馬術グッズ」のお店が注目です。

Photo_3

例えば、これ、「鞍」です。
こんなの売ってるの初めて見ました。
ちなみに20万円~40万円ぐらいします。
(高いのか安いのかわかりません。。。)

Photo_4


こちらは何と「馬のエサ」です。

誰が買うんでしょうか。
というか、まあ、買うのは馬の飼い主なんでしょうけど、馬を飼っている人が一堂に集まるこのイベントのレア感はたまらないです。

この他にも手綱やらブーツやら、騎手向けグッズも充実していて、未知の世界へのトリップ感が最高潮。

わかってはいましたが、馬術ってお金がかかるスポーツなんだな、ということも再確認させられました。。。

世田谷線沿線に住みたい!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

2012年12月のボロ市

Photo_5

今年も世田谷ボロ市に行ってきました。

世田谷ボロ市は毎年115-16日、1215-16日と

日程が固定されているため、行ける年と行けない年があります。

 

今年の1215-16日はばっちり土曜と日曜でした。

15日はあいにくの雨だったため、16日はさぞ混むだろうと思い、

9時半ごろ行ってみました。

 

時間が早いせいか、まだぎゅうぎゅうにはなっていません。

これなら代官餅もいけるかも?と思ったのですが、

代官餅はさすがの大行列。

 

むしろ早くから来ている人は代官餅狙いなのかも?



2_3

 

久々でしたが、代官餅は相変わらず美味でした。

単なる餅でしょと思いきや、餅がやわらかくて、

予想よりもかなり美味しいです。

 

Photo_6

しかし、ボリュームがすごい。。

一人では食べきれない。。


世田谷線沿線に住みたい!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

せたがやふるさと区民まつり2012

3

2

Photo

2012年8月4日(土)~8月5日(日)、馬事公苑にて
「せたがやふるさと区民まつり」が開催されました。

これまで祭りの存在は知っていましたが、例年8月は色々と予定が入っていることが多く、今回初めての訪問となりました。

世田谷通りから馬事公苑に向かう並木通りには、世田谷区との交流自治体の屋台が並び、馬事公苑内には企業ブースなど、世田谷区の様々な団体のブースが並んでいます。

そして、競技場では芝生のうえにステージが設けられ、2012年はベンチャーズのライブが組まれていました。

しかし、何なんでしょう、このまとまり感のなさ。。
踊りの披露があったり、乗馬体験ができたり、ワインが飲めたり・・・

ホームページによると、今年の来場者は32万人とのことですが、みな何を目当てに集まってきているのかよくわかりません。

ルーツもコンセプトもよくわからないイベントですが、ただ、全体的に盛り上がってはいました。

日が暮れてからの野外ライブも気持ちよさそう。

世田谷線沿線に住みたい!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

世田谷ぼろ市2010

Boroichi4

1月15日・16日は世田谷ぼろ市でした。

毎年12月と1月に開催されていますが、開催日は15日・16日と日付が決まっているため、なかなか週末と重ならないことが多かったのですが、今年の1月のぼろ市は1月16日が土曜日ということで、うまく週末と重なりました。

そもそも、平日であっても大変な混雑を見せるこの世田谷ぼろ市。果たして週末だとどんな状態になるのか!?

ということで見物に行ってみたところ、写真のような状態です。

ぎっしりと人の大渋滞。

一歩一歩、前の人の背中を見ながら進んでいく感じ。

Boroichi5

名物の代官餅も大行列。

10分やそこらではちょっと買えないレベルの行列だったので、今年は食べるのをあきらめました。。

それにしても毎年毎年このぼろ市のすごさには驚かされます。

なんといっても普段、このぼろ市通りはかなり閑静な通りで、お店などもあまりないため、人は数えるほどしかいません。

それがこの日ばかりは世田谷駅前から松が丘交番あたりまで人、人、人。

毎年これだけの人を集めるぼろ市のパワーには脱帽です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

国士舘大学の学園祭「楓門祭」

Kokusikan3

前週の東京農大の収穫祭につづき、2009年11月3日~4日は国士舘大学の学園祭、「楓門祭」でした。

収穫祭に比べると格段に地味で注目度の低い、楓門祭。

そもそも何て読むのかも知りませんでしたが、ウィキペディアで調べたところ、「ふうもんさい」と読むそうです。よみがなをつけるべきでしょう、これは。

さて、今回初国士舘だったのですが、国士舘大学と言えば体育会系のイメージが強いので、学園祭もスポーツ色満載なのではないかと勝手に期待していましたが、実際にはそんなことはなく、かなり普通の学園祭でした。

今年はゲストにジョイマンとハイキングウォーキングが来るとポスターには書いてあったのですが、何時にどこで見られるのかさっぱりわからず、結局見ることはできず。

学生の模擬店ももちろんあるのですが、「ドネルケバブ屋」とか一般の業者の店もあったりして、どうしても農大のテンションから比べると見劣りしてしまいます。

国士舘大学であれば、「マッスルミュージカル」みたいなものであったり、「天下一武道会2009」みたいな突き抜けたイベントがあったほうがおもしろいのに、などと勝手に考えてしまいました。そもそも、国士舘大学=筋肉のイメージも勝手なものですが。

ちなみにキャンパス内には国士舘らしく、大和魂満点の道場みたいなものもありました。魁!男塾、みたいなイメージ。

Kokusikan4

↑これ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

農大の収穫祭

Nodai6

今年もやってきました東京農業大学の収穫祭。

学園祭を収穫祭と呼ぶ農業野郎たちの集う農大では、毎年大根の無料配布があります。

以前から両親は行っていたのですが、自身で行くのは今回が初めて。

収穫祭の公式ホームページで確認すると、大根の配布は10月31日と11月1日のそれぞれ10時からと書いてあったので、初日の10時の回にもらいに行くことにしました。

両親情報ではかなり行列するとのことだったので、それを見越して9時半ごろ行ったのですが、すでにものすごい行列でした。しかも、おじさまおばさまばかり。。

品切れと言うのがあるのかどうかわかりませんが、こんなに行列していて大丈夫なのかと不安でしたが、ほどなく9時55分ごろから配布が始まり、無事大根をゲットすることができました。

一人一本なので夫婦で2本もらいました。

よっしゃーっ!と思いましたが、冷静に考えると、2人でこのでっかい大根2本、果たして食べきれるのか、少々心配です。しばらくは大根尽くしですな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

三茶大道芸2009

Daidogei2

毎年10月に開催される三茶大道芸が今年も行われました。

2009年は10月24日と25日に開催。

24日土曜日に見物に行ったのですが、今年はあいにくの雨。

それでもこの三茶大道芸のポリシーとして雨天決行とのことでしたが、世田谷線改札前のプラザ以外はけっこう辛そうな感じでした。

写真は世田谷線改札前のプラザです。

ここも実は半分屋根があるものの、半分は屋根がないので、演奏系以外のパフォーマンスではびしょびしょになっていました。

で、このパフォーマー。

提灯アンコウのような電球を頭につけて、巨大なスカートをはいた奇妙ないでたち。

まるで魔法使いのような、あるいは神秘教団のような不思議な雰囲気を醸しつつ、アコーディオンでヨーロッパの民謡のような曲を演奏していました。

観客を別世界に引き込むトリップ感がすごくて、しばらく唖然と立ち尽くしてしまいました。

別に大道芸が好きというほどでもなく、毎年三茶で見るだけだけど、たまにはいいものです。来年もまたよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

松陰ジャズナイト2009

Photo

松陰神社最大のお祭り、幕末維新祭り。2009年は10月24日・25日で、毎年恒例の「松陰ジャズナイト」が24日夜に行われました。

松陰神社の本殿の前にステージと観客席が設けられ、秋の夜をジャズの演奏を聴いて過ごす、なかなか風流なイベントです。

毎年この時期なので、夜は結構寒いのですが、今年はそれに加えて、あいにくの雨でした。

写真のようにステージも客席もテントが立てられて、雨がしのげるようにはなっているものの、屋根がついてしまうと屋外ライブの開放感が半減。

寒いし水滴は落ちるし、なかなか過酷な環境でした。

来年は晴れますように・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

注目の情報

PR

  • PR
無料ブログはココログ